明走会ブログ
走る異業種交流会「明走会」のオフィシャルブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しまなみウルトラ遠足(とおあし)参加レポート by 安藤
「しまなみ」の愛称で知られる100kmラン。 本当に楽しく走ってきました。
何が楽しかったかと言えば・・・。
1)100kmランの初完走(制限時間の16時間を僅かに下回る15時間34分でした 何かひとつ超えられた、という実感が湧きました。

2)51歳の身体がまだまだ進化(笑)していることがわかったこと。

3)瀬戸内海の自然を肌で感じ、満喫できたこと。

4)このレースに限ったことではないけど、エイドのボランティア、関西明走会の方々、など自分の走りを励ましてくれる人とのご縁とランナー人情を再認識したこと。

5)普段は走りと縁が遠いカミさんが、3日にわたって同行してくれたこと。
(のろけではなく、我が家にとっては画期的な出来事でした)


昨年2度目の挑戦となったサロマは、80kmの関門が突破できず2年連続のリタイア。
3度目の正直という挑戦もあったのですが、仕事上6月末の四半期決算にかかる日程に、毎回精神的なハンデキャップを感じていました。

昨年、夢舞いの試走会の時に木下さんから「しまなみ」の話を伺い、制限時間の長さから「まずはここで完走の体験をしておくべきか」と、サロマへのリベンジの思いを一旦忘れてこの大会に興味を持った次第。

制限時間の長さは、走ってみて誤算だったと思い知るのですが(予想以上にきつかったです)、開催も6月上旬、しかも土曜日ということもあって、6月末は月曜日の休みがとれない自分にとっては魅力的な大会。 開催案内開始と同時に申し込みをしました。

6日(金)に福山へ入りました。芝山さん経由で関西明走会の粟津さんから決起集会のご案内も頂きましたが、広島在住の旧友との食事の約束があり参加が叶いませんでした。
福山駅の近くで明日に備えて広島風お好み焼きでたっぷりとカーボローディング。
「過ぎたるは及ばざるが如し」で、この反省は翌日突きつけられることに・・・。

翌日は4:30に福山城公園へ。 明走会の黄色いTシャツを探して、粟津さんにご挨拶。 関西明走会の方々と写真をご一緒して頂きました。

ゴール時間が遅くなってしまい、粟津さんとの会話はスタート前のこの僅かな時間のみとなりましたが、お会いするなり暖かい笑顔と握手を差し伸べてくれたことに感謝です。元気が出ました♪

城定さんが開催側にまわって活躍されていました。お得意の写真のご担当。
加えて、スタート時の銅鑼を高らかに打ち鳴らしてくれたのも城定さんです。

5月のスルジュール(フランス)48時間走3位の加村さんの姿も見かけしました。昨年の富津での合宿の際、車をご一緒したご縁があるのですが、ここはお友達とのお喋りに割り込むのを遠慮して遠くからの会釈で失礼しました。

午前5:00、予定通りのスタート。福山市内を抜けて赤坂トンネルを皮切りにいくつかのトンネルを進みます。 交通量が多くないとはいえ、大型トラックから吐き出される排気ガスはトンネル内の空気を澱ませてタオルを口にあてて走る女性ランナーも。
「北京を走るってこんな感じなのかなぁ・・」と勝手にイメージを膨らませます。

第3エイドで早くも「ぶっかけうどん」なる美味しそう炭水化物の提供を受けるのですが、昨晩の暴飲暴食がたたり胃の調子が思わしくありません。中間のエイドまでは水と栄養補充系のサプリメントだけでいこうと決意。

50km中間地点の海洋センターまで5時間30分で運び、まぁまぁ良いペースかなぁ。レンタカーで先乗りしていたカミさんの激励を受けます。
しまなみ名物マッサージサービスを受けて後半戦に挑みます。

ところが・・・
60km手前で、昨年からトラブルになっている左臀部の「梨状筋」にビクっという危険信号。「こりゃヤバイなぁ~」と思っていると坐骨神経が圧迫され始めたのが、左膝や腿の裏側にしびれが走りだしました。

止むを得ず大事をとってここから超ペースダウン。左足を庇いながらの走りが悪影響して今までノーマークだった右膝、右足首が軋みだして危機感が募ります。

しかし66kmのエイドで気持ちを完全に切り替えました。それまで自分の中のどこかに「サロマタイム」みたいなものを意識していたのですが、これに拘るのを止めて、「瀬戸内海の自然を満喫する」「歩いてもいいからゴールする」「エイドでたっぷり休養をとる」という方針に決めて再スタートを切りました。

そこからは4km走って1km歩き、エイドで5分休憩、のようなペースで進みます。
「とおあし」満喫モードです。
エイドでのストレッチ中に携帯でアドレスを入れた空メールを作ってセーブしておき、次の区間、景観の良いところがあると写真をとって手際よく仕事仲間などに写メール送信。そして激励メッセージの受信。 そんなことが鎮痛剤になり身体は前へ前へ。

エイドの応援に背中を押されるのはこの大会も例外ではなく、本当に暖かい、行き届いたサポートをして頂きました。ありがとうございます!

ゴールしたのはもうすっかり暗くなった8時半過ぎ。
ホント、嬉しかったですねぇ。なんとも言えない満足感です。
左の梨状筋も坐骨神経も心配されたダメージは無し。全部右足が背負ってくれたんでしょうね。

参加してよかった!
皆さん、ありがとう! そんな気持ちで身体中が満たされていきました。

宿に食事が無いため、店が閉まる前に晩飯にありつかなくてはならず、関西明走会、粟津さんたちを探す間も無くカミさんとゴール近くで食事を済ませた次第。
あんなに美味いビールは初めて! また、あんなに効いたビールも初めて(笑)です。

しまなみ、素晴らしい大会でした。
大会関係者、ボランティア、参加ランナーの皆様お疲れ様でした。
そして、ありがとうございます。


翌日は道後温泉や松山までドライブし、足湯、買い物、坂の上の雲記念館で時間を潰して帰京。
広島空港から粟津さんに失礼したお詫びとお礼のメールを差し上げると、

>メンバーでは山下まゆみさんが、女子の部で優勝。
>全体でも10位にはいるという大健闘でした。
>最高齢の長崎さんも14時間台でゴールし
>皆、それぞれレースを楽しんだようです。  


との嬉しいお知らせが届いたことも報告いたします。


それから最後に謝辞をもう一言述べさせてください。

昨年夏に無理がたたって「梨状筋症候群」と診断され、併発する軽い坐骨神経痛に悩まされていました。夢舞い試走会の後、へばっている私に、田中先生の鍼灸院を紹介して頂いたのは小形さん。そしてこの一年、臀部、腰部のポイントにズバズバ鍼を打ち込んで頂いた田中猛雄先生
さらに容赦ない、かつ優しい「踏みつけ」で全体の身体のバランスを整えてくれた小林あっちゃんと先生方。
コマーシャルをするつもりはありません。治療や調整の相性は人それぞれですし。
しかし、不規則な生活が続く中でここまでトレーニングを続けられて、体調を維持することができたのは、こうした皆さんのおかげです。一人で走っているだけだったら、トラブルの時、困っていたでしょうね。明走会の人脈に感謝してます。

関西明走会の皆さんと

スタート前。関西明走会の皆さんと

start-1.jpg

参加登録1109名。 夜明けの福山城をスタートです。

aid-bukkake.jpg

第3エイドで美味しそうな「ぶっかけうどん」 胃袋不調でここはじっと我慢・・・

ikuchishima41.jpg

約41km地点 生口島を通過

aid-orange.jpg

オレンジ生絞りサービスのエイド・・・ 生き返ります♪

bridge.jpg

こういう橋を渡る度に緩やかながらアップダウンのダメージを受けていきました

koyanagi.jpg

走りながら携帯メールで「小柳ルミ子」とタイトルだけのメールを友人達に送る。
同世代のみが馬鹿ウケのレスポンス

castle.jpg

ゴールまであと1km・・・今治城のライトアップが迎えてくれました♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
08/6/7 しまなみ海道100kmウルトラ遠足 海宝ロードランニング RUNNET しまなみ海道100kmウルトラ遠足 00~07 08年 しまなみウルトラ遠足(とおあし)参加レポート by 安藤 しまなみ海道06・Ride on SIMANAMI 快適~kai的生活 一生懸命って、、すばらしい ...
2008/06/10(火) 10:28:07 | 今治バリバリリンク集
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。